大学生のうちにアルバイトの体験の進め ○1

大学生の本来責務よかったがは、勉学に励むことであるが、果たして何を学べばいいのだろう。医学部系の学部であれば将来は医学系の職業につくため、専門分野を学べがいいが、将来の明確な目標を持たず、大学に進学した学生はサークルや飲み会、ただ遊び呆けている。これは、今まで義務教育でしかれたレールの上を進めば良かった。しかし、大学ははじめて自分でしいたレールの上を進むが、将来、どのような仕事につくか明確な意思をもち、学部を選択する人は少ない。進行方向を失った列車はさ迷い続ける。しかし、大学で真面目に勉学に励んでいても、その知識で就職活動が有利になることは少ない。では、大学生は何を勉強するのだろう。それは社会に出るにあたって、色々な経験して、多く悩んだり、挫折したり、多くの人と接すなどで、最低限の常識や協調性、向上心、積極性、対話力、責任感などをたかめる準備期間ではないだろうか。

結婚相談所 東京

着物買取大阪

任意整理 住宅ローン 大阪

歯科医師 求人

日本刀販売